Post 41 – Olympics for who?

多くの人が家に戻ることができていないにもかかわらず、福島はコントロール下にあると大嘘をついて招致した東京オリンピック。この時点でもう全然ワクワクしなかった。その後の公式エンブレムデザインの選考過程の疑惑はすべてのデザイナーを萎えさせたことだろう。加えてマラソンのコースを変えるだの変えないだの、東京の夏は酷暑だなんて最初から解っていたことではないのか。 そして昨年はコロナが危ないということで開催を延期したはずなのに、状況が更に悪化している今年はなぜか開催するという。国民の80%が反対している中。当然だ。今やるべきことは人々の生活を一日でも早く通常に戻すことであってイベントではない。 五輪というものが誰のため、何のために行われるのかということがこれでよく分かった。一部の人間のちっぽけなものを守るために世界中の人の命が危機に晒される。誰もがおかしいと思いながら、でも破滅に向かって突き進む。あれ、こういうの、歴史を見ると前にもあったような。 国民は檻の中に入れられ、そこからいくら叫んでもエリートさんたちの暴走は止められない…のか? Tokyo was the city chosen for the 2020 Olympics, but its politicians lied on certain issues, such as that the Fukushima plant was under control and now we know that it was not, we even know that its citizens have not been able to return to their homes. At this pointContinue reading “Post 41 – Olympics for who?”